Tag: how to quilt

Tutorial: free-motion quilting with the BERNINA Stitch Regulator (BSR)

Tutorial: free-motion quilting with the BERNINA Stitch Regulator (BSR)

ベルニナステッチレギュレーターは、フリーモーションの縫い目を均一にしてくれます。 先が閉じているメタルのソールは、すべてのキルトプロジェクトに使えます。送りの長さは最大3.0にします。 先が開いているメタルのソールは、針落ちが良く見えるのですべてのキルトプロジェクト、そして複数層のキルトにも最適です。 ソールが素材に巻き込まれる恐れがあるので、ルーズニット素材などには使わないで下さい。 透明なソールは、針落ちも縫い目もよく見えます。 円形のソールは、異なった厚みのキルト層を縫うのにとても適しています。 送り歯を下げます。 BSR押えを取り付けて、後ろにある接続穴にジャックを差し込みます。 スクリーンがBSRモードの画面に変わります。 直線縫いかジグザグ縫いを選択して、縫います。 BSR1 BSR1モードは、基本設定されているものです。 押えを下げます。 フットコントローラーを踏む、または、スタートストップボタンを押して、生地を動かし始めると、ずっと低速でミシンが動きます。 生地を動かすスピードによって、ミシンの縫うスピードが決まります。 生地の動きが止まると、他に何かボタンが押されない限り、針は同じ位置での上下を繰り返します。 BSRの先端が赤く光っている間は、糸通しや針の交換などは行えません。 BSR2 スクリーンで、BSR2を選択します。 常に内側から外側へ向けてキルティングしていきます。

Continue reading